和式トイレから洋式トイレにリフォームするのにかかる費用

トイレ

今はどこも洋式トイレが主流となっており、和式のトイレの家というのは珍しくなっています。
洋式トイレの方が使い勝手が良く、見栄えも良いため洋式トイレじゃないと嫌!という人も多いでしょう。


随分前に一軒家を立て、和式トイレのままずっと使っているという家庭も多いかと思います。
和式トイレになれているのであれば問題はありませんが、子どもは和式より洋式の方が好むため、子どもがいることで洋式トイレへのリフォームを考えている人もいるかもしれません。


トイレの交換となるとかなり高い費用がかかるのでは?と心配になっている人も多いでしょう。
和式トイレは安そうなものだけど、洋式トイレは和式トイレよりサイズが大きい分高そうに見えますよね。
また最近はウォシュレットなども主流となっているので、そういったものがつくことでさらに高くなるのでは…と頭を抱えたくなります。


では和式トイレから洋式トイレにリフォームするのにかかる費用はどれくらいなのか?
一見高そうな洋式トイレですが、安いものは5万円前後であります。
安いものはウォシュレットなどはついていませんし、便座が温かくなる機能などもついていません。
あくまで洋式トイレ本体のみといった感じです。
これに設置費用や、トイレの解体費用などがプラスされます。


高くなってくるとトイレのグレードがアップするだけでなく、化粧鏡がついていたり、トイレ内に手洗い場を作ることもできます。
価格は50万近くなってしまいますので、こちらはあまり現実的とは言えませんね。


和式トイレから洋式トイレにリフォームするのにかかる費用は、洋式トイレ本体価格の他、和式トイレの解体費用や周辺工事費用など多くの費用が必要になります。
安いトイレを選んでも25〜30万円程の費用が必要になりますので、この価格や目安にしておくと良いでしょう。


トイレリフォームの費用を安く抑えるには

トイレリフォームを考える時に一番気になるのは費用ですよね。
先ほど紹介したように最低でも25〜30万円はかかってしまうため、ある程度の予算は用意しておかなければなりません。
ただこれは低めの目安。
解体費用や設置費用、周辺の工事費用などは業者によって費用が異なるので、もしかしたら安いトイレを選んでも工事費用で高くなってしまうかもしれません。


トイレの本体などの費用を安くすることは無理かもしれませんが、和式トイレの解体費用や周辺の工事費用などは安く抑えることができます。
安くリフォームをしてくれる業者を探せばリフォーム費用を抑えることができますので、リフォームを考えるのであれば安く工事をしてくれる業者を探すことが大事です。


ただ安すぎるのも考え物です。
安い価格を提示されればそれに惹かれてそのまま契約してしまいがちですが、必ずしも優良企業に当たるとは限りません。
悪徳にひっかかってしまうと、最初は安かった価格が追加費用などでどんどん高くなり、最終的に予算を大幅に超えた価格を請求されるかもしれません。
リフォーム業者の中には悪徳ももちろん存在しますので、そういった業者に引っ掛からないようにすることも大切です。


業者選びは適当に決めてしまいがちですが、実はこだわりたいところ。
特に安く、安心にリフォームをお任せしたいのであれば、業者選びは慎重に行いましょう。

トイレリフォーム業者を選ぶポイント

トイレ

トイレリフォーム業者の選び方は非常に大切だと紹介しましたが、ではリフォーム業者はどうやって選べばいいのかが気になるところ。
選ぶ時に見ておきたいポイントがわからなければどうしても適当に決めてしまうので、ここで見ておきたいポイントを押さえておきましょう。


まず見ておきたいのが優良企業かどうか。
どれだけ安い価格を提示してくれても、その価格に見合った工事をしてくれていないと意味がありません。
先ほど紹介したように、最初は安い価格を提示してくれていたのに、工事が始まってからどんどん費用をプラスしていくという悪徳企業もいます。
それ以外にも、安い価格のまま工事を行う物の、手抜き工事をする可能性だってあります。
実際に費用に見合っていない手抜き工事をされたという被害例もあるようなので、悪徳業者を選ばないようにすることが大事です。


次にトイレリフォームの好事例があるかどうか。
和式トイレから洋式トイレにリフォームするのは簡単な事ではありません。
和式トイレの解体作業から始まり、洋式トイレの設置、トイレ周辺の工事、内装工事といった色々な作業があります。
作業が多いため、トイレを長く快適に使うためにはしっかりとした工事を行ってもらう必要があります。
しっかりとした工事を行ってもらうには和式トイレから洋式トイレにリフォームする工事の経験があることも大事です。
経験が豊富であれば作業になれているため、しっかりとした工事をしてくれるでしょう。


最後に安く工事をしてくれるかどうか。
この点は非常に大きなポイントと言えますね。
特に安くリフォームをしておきたい人には見逃せないポイントだと思います。
安くリフォームをしてくれることで工事費用を安く抑えることができるため、その分の費用をトイレの本体に回すことが可能。
最初は何の機能もないただの洋式トイレ本体を希望していたけど、思っていたより工事費用を安く抑えられることがわかれば、もう一つグレードを上げてウォシュレットなどを付けてもいいでしょう。
工事費用を安く抑えることもとても大切なので、リフォームの相場内に抑えてくれる業者を探してみてください。

トイレリフォーム業者紹介サイトはこちら

トイレ

和式トイレから洋式トイレにリフォームする業者を探している人におすすめのサイトがあります。
リフョップナビというサイトで、こちらのサイトに見積り依頼することで複数の業者から見積もりが貰えますので、見積り費用を比較して安い業者に依頼できるというものです。

リフォーム

リショップナビには全国のリフォーム業者が登録しています。
全国展開する大手の企業だけでなく、地元密着型の中小企業まで多くの企業が登録しているので、その中から最適な業者を紹介してもらえます。

リフォーム

リショップナビに登録しているのは全国の企業となっていますが、どんな企業でも登録できるわけではありません。
リフョップナビが設けている独自の厳しい審査に通過した業者のみが登録できるようになってるので、悪徳業者に引っかかる可能性もとても低いといえます。


見積り依頼をするとリショップナビが電話があり、リフォームに関しての詳細や希望条件などを聞かれます。
ここを参考に、専門家が申し込み者に適した業者を探し、最大5社まで紹介してくれます。
紹介してもらったすべての業者に見積り依頼を出しても良いですし、全ての業者のホームページなどをチェックして気になる業者に見積り依頼をしても良いでしょう。


リショップナビの公式サイトではリフォーム費用の工事費用の相場や、リショップナビに登録している業者の施工例なども確認できます。
またリフォームをする際の成功ポイントなどについても掲載されていますので、リフォームに関する情報はココを見ることで得ることができるでしょう。


まずはリフォームに関しての知識を知り、それから見積もり依頼をしてみることがおススメ。
信頼できるサイトなので、和式トイレから洋式トイレにリフォームするための業者探しに活用してください。


↓リフォーム費用を抑えたい方はこちら↓

リショップナビ